現在地: ホーム > 韓国歴史 > 韓国の新聞

韓国の新聞社

韓国の言論社(新聞社)を保守言論と進歩言論のように大きく二つに分ける。保守言論は大手3社(朝鮮・中央・東亜)を含めてその論調に従っている新聞社だけど、保守という言葉の意味とは違い金持ちと親日派、親米派、親独裁派よりだと言っていい。進歩言論にはハンギョレが代表的で韓国の民主化に役立てた民衆よりの新聞社を言う。

新聞社名 詳細
ハンギョレ
  • 1988年、朝鮮日報、東亜日報から解雇された民主主義志向の記者たちが全国民を対象に株を公募し、集まった資本金で作った新聞社。
  • 一般国民が株主で韓国の言論関係社では初めて編集委員長を直接選挙で選ぶ。
  • 創刊当時から横書き、ハングル文字専用。
  • 韓国民主化を導いた新聞社。株主が一般国民(約2万人)なので政権に影響されない。
  • http://www.hani.co.kr/
京郷新聞
  • 1946年韓国天主教(カトリック教会)ソウル教区所有の新聞として創刊。現在はカトリックとは関係はない。
  • 1960年韓国初代大統領李承晩の不正選挙を批判したことで廃刊され、同年4月李承晩が退いてから複刊される。
  • 1970年代、朴正熙軍事政権を批判し弾圧される。
  • 1998年、韓化グループから独立し韓国初の社員株主会社として出発。
  • 現在:社員株主会社で政府に影響されず中立の立場から報道している。
  • http://www.khan.co.kr/
その他 ニュース打破主権放送おマイニュースプレシアン国民TVなどが3つの大手新聞社(三ゴミ新聞)が歪曲報道をしているのに対して民衆よりの真実を報道している小言論社である。

三ゴミ新聞(朝鮮・中央・東亜)

新聞社名 詳細 評価
朝鮮日報
  • 1920年創立。日本植民地時代には親日新聞。
  • 以後軍事独裁政権下では軍事政権の手先役。
  • 朝・中・東(朝鮮日報・中央日報・東亜日報):韓国の大手新聞社3社でいずれも不正営業問題、歪曲論調問題で韓国の知識層の中ではゴミと評価されている。
  1. 韓国最大の発行部数の新聞社だったにも関わらず韓国民主化には役に立ってはいない。
  2. 今の与党ハンナラ党と李明博寄りの偏った報道をする。
  3. 不正選挙で朴槿惠(親日派朴正熙の娘)が大統領になってからは朴槿惠寄りの偏った報道をする。
中央日報
  • 1965年サムスンによって創刊。現在まで正しい報道よりはサムスンのための新聞になっている。
東亜日報
  • 1920年創刊。親日議論有り。