韓国のバス利用情報ホーム韓国旅行韓国のバス

韓国のバス旅行情報

韓国の地域名は首都ソウルを囲む京畿道、忠清南北道(忠州市・清州市)、全羅南北道(全州市・羅州市)、江原道(江陵市・原州市)、慶尚南北道(慶州市・尚州市)、済州道として大きく分けられますが、上記の地域の中で特に成長した都市を特別に取り上げて、ソウル(서울)特別市・仁川(인천)広域市・大邱(대구)広域市・大田(대전)広域市・光州(광주)広域市・蔚山(울산)広域市・釜山(부산)広域市のように分けています。韓国は日本ほど鉄道網が整備されていないので地方への旅行するのにバスの方が便利な地域も多いです。

日本と韓国を結ぶ飛行機航路は2014年現在、仁川国際空港(仁川)・金浦空港(ソウル)・金海空港(釜山)があり、仁川国際空港からは韓国全国の地方へバスで行くことが可能です。釜山から韓国へ入国した場合は、韓国の高速鉄道(KTX)を利用してソウルまで約2時間30分くらいで到着できますが、他の地方特に個人旅行のためににはバスを利用するしかない場合も多いです。

韓国バス路線図 , 韓国バスの種類 , 韓国の地名

空港からバスを利用する時

※ もし韓国を旅行する時に携帯でインターネットが使える方なら、韓風携帯版サイト(http://kampoo.com/m)から韓国鉄道の簡単なスケジュールやバスターミナルの利用情報も確認できるので参考にしてください。しかしPC版サイトの方が新しい情報です。

ソウルのバスターミナル

ソウルでは主にソウル高速バスターミナル(서울고속버스터미널)、セントラルシティーバスターミナル(센트럴시티)、東ソウルターミナル(동서울터미널)、南部ターミナル(남부터미널)この4つのバスターミナルを利用して地方へ行きます。

ターミナル 説明
ソウル高速バスターミナル
서울고속버스터미널
全国主要都市へのアクセスができますが、行く地方によって乗り場やチケット売り場が違い、慶尚道地域(釜山・慶州など)へ行くためには京釜線(경부선)ターミナル、江原道地域(春川・江陵・原州など)は嶺東線(영동선)ターミナルを利用する。
セントラルシティーバスターミナル
센트럴시티
全羅道地域(光州・木浦・南原・郡山など)に行くためにはソウル高速バスターミナルの隣にあるセントラルシティーを利用する。湖南線(호남선)ターミナルという言い方もある。
東ソウルターミナル
동서울터미널
全国主要都市へのバス路線がある。韓国の東地域(江原道)へのバス路線が豊富。
南部ターミナル
남부터미널
全国大都市へのバスもあるけど、殆どソウルから近い首都圏と忠清道地域中心のバス路線になっている。※ 忠清南道 扶余行きのバス
5 上鳳ターミナル
상봉터미널
主にソウルから東への市外バス路線中心。忘憂駅から近い。
ソウルの各バスターミナルからアクセスできる場所

※ ソウルのバスターミナルからアクセスできる地域(地図):赤はソウル高速バスターミナルの路線、緑はセントラルシティーターミナルの路線、水色は東ソウルターミナルの路線、紫はソウル南部ターミナルの路線です。

釜山のバスターミナル

  1. 釜山総合バスターミナル(부산종합버스터미널):釜山から慶尚北道、江原道、忠清北道へのバス路線がメイン。特に釜山から近い慶州・蔚山など慶尚道地域へのアクセスは電車よりバスの方が便利です。
  2. 釜山西部バスターミナル(부산서부버스터미널):釜山の西側にある慶尚南道、全羅南道へのバス路線がメイン。

有名ではない地方や田舎へ行くためには、まず近くの主要都市まで電車やバスで行ってそこから市外バスに乗り換えて行くのが普通です。

その他のバス路線利用情報