現在地: ホーム > 韓国歴史 > 韓国の宗教

韓国の宗教

    基督敎(キリスト教)

  1. 天主教(カトリック教会)
    韓国の天主教は宣教による伝来ではなく、朝鮮時代の知識層によって中国の清から自発的に吸収した宗教という特徴を持っている。韓国発の司祭は金大建(1821~1846年)で朝鮮末期鎖国政策の時に迫害により殉教した。韓国初の枢機卿は金壽煥(1922~2009年)カーディナルで朴正熙、全斗煥の軍事独裁政権から韓国の民主化に多大な影響を与え、天主教正義具現司祭団も過去から今まで韓国の民主化のために働いていて、他の宗教も認めているので庶民の間で評価が高い。
  2. 改新敎(プロテスタント教会)

仏教:韓国の仏教は高句麗の小獸林王( ?~384년)の時に伝わったと言われている。

天道教:朝鮮末期、西洋の天主教に対して崔濟愚(1824-1864)作った東学から1905年に改名した韓国独自の宗教。

圓仏教:1916年に作られた仏教系の新興宗教。圓光大學校、漢方病院、慈善団体を設立するなどイメージは良い。

大宗教:韓国の始祖檀君として祀る韓国の民族宗教。1909年公表。1915年に朝鮮総督府が総督府令83号宗教統制案を発表し、大宗教を宗教活動を装った独立運動と規定し弾圧が厳しくなり満州に移って独立運動家を養成した。

韓国宗教信者の割合

宗教 団体数 集会所 教職数 信徒数
仏教 103 21935 4万9408人 3958万1983人
改新敎 124 58404 9万4615人 1194万4174人
天主教 1 1511 1万4597人 487万3447人
儒教 1 1049 300人 1018万5001人
天道教 1 108 1500人 10万人
圓仏教 1 561 1886人 148万5938人
大倧敎 1 22 22人 47万人
その他 38 6710 20万1488人 1442万1511人
合計 270 90300 36万3816人 8259万2054人

※2008年韓国の文化体育観光部の発表。

※把握されていない宗教団体260個有り。仏教信者は複数のお寺に重複登録する傾向があり、天主教信者は洗礼を受けた人のみ信者と認識していて正確な数字だとは考えられない。韓国総人口のほぼ2倍になっている。