ホーム > 韓国料理 > タコビビンパ & もやしスープ

タコビビンパ & もやしスープ

いくら栄養剤が良いと言っても毎日の食卓ほど大切なものはないと思います。
아무리 영양제가 좋다고해도 매일 먹는 밥상만큼 소중한게 없는 것 같습니다.

    タコビビンパ

  • タコの効能: タコ(낙지)のタウリン成分は強壮効果があり、疲労回復に役立ち、コレステロール分解に効果があり、動脈硬化や狭心症を抑制する。疲れて倒れた牛を立たせるとも言う。
  • 材料: タコ(낙지) 1匹、キャベツ(양배추) 20g、レタス(상추) 2枚、エゴマの葉っぱ(깻잎) 3枚、赤唐辛子(홍고추) 1/4 個、激辛の唐辛子(청양고추) 1/4 個、もやし(콩나물) 70g、にんじん(당근) 30g、玉ねぎ(양파) 30g、ライス(밥) 1つ、塩(소금)少し。
  • 味付けの材料 : 唐辛子の粉(고춧가루) 2t、唐辛子味噌(コチジャン:고추장) 1t、醤油(간장) 2t、ごま油(참기름) 1t、こしょう(후춧가루)少し、ニンニクのすりおろし(다진 마늘)1t、生姜のすりおろし(다진 생강) 1/2t、砂糖(설탕) 1t、オリゴ糖(올리고당)1+1/2、ごま(통깨) 1t、油(식용유) 2t、塩(소금)1/2t。

    タコビビンパの簡単レシピー

タコビビンパ&もやしスープ 1

1. タコの選び方と手入れの方法

  • タコは秋(9月から)が旬、 生きているものがなければ冷凍のものでもよい。
  • タコは吸盤の吸着力が強くて頭から持ち上げた時に活発に動くのが良い。
  • 頭の下にある隙間から指を入れて引っくり返してから洗う。タコを手入れする時に塩を使ってながく揉むと堅くなり味も劣って塩辛くもなる。なのでタコに小麦粉と荒塩を入れて20回ほど揉む。揉んだタコを流れ水で綺麗に洗う。
  • 洗ったタコを食べやすい大きさで切る。

2. 沸騰しているお湯に塩(少し)、もやし(70g)を入れ、ゆでた後にざるに入れて水を切る。

※ ビビンパ(비빔밥)やトッピング(고명)として使うもやしは、沸騰しているお湯にざっとゆでたほうがサクサク感があって美味しい。沸騰しているお湯に塩を入れる理由は、野菜をゆでる時塩を入れると色も鮮やかで、塩の味が染みて美味しいからだ。

タコビビンパ&もやしスープ 2

3. 味付けの作り

  • にんにく潰しと生姜潰しを一つにする。コチュジャン(고추장)と唐辛子の粉(고춧가루)を1つにする。残りのヤンニョムすべてを一つにまとめる。
  • フライパンに油を入れて、弱火でにんにく潰し(1t)、生姜潰し(1/2t)、コチュジャン(1t)、唐辛子の粉(2t)を炒める。(※ 焼き付かないほどに炒める)
  • 炒めたコチュジャンのヤンニョムに、醤油(2t)、砂糖(1t)、オリゴ糖(1 + 1/2t)を入れて混ぜる。
  • ヤンニョムに手入れをしたタコを入れて炒める。(※ 強火で炒める。ヤンニョムは弱火で炒めてタコは強火で炒める事。)
  • 炒めたタコにごま油(少し)、胡椒(少し)を入れて和える。好みによって激辛の唐辛子の粉(청양고춧가루)を入れても良い。

4. 盛る

  • 食器の底にゆでたもやし(콩나물)を敷く。
  • ライスにごま油(少し)を入れて混ぜる。もやしの上にご飯を盛る。
  • ご飯の上に千切りしたキャベツ(20g)、えごまの葉っぱ(3枚)、にんじん(30g)、レタス(2枚)、玉ねぎ(30g)をのせる。※ 好みによってもやし(숙주나물)など色々な野菜を入れても良い。
  • 炒めたタコを野菜の上にのせる。
  • タコの上にごま(1t)をまぶす。
  • 千切りした赤唐辛子(1/4個)、青唐辛子(풋고추)1/4個をトッピングする。

    もやしスープ

  • もやしの効能: もやしにはアスパラギン酸があり二日酔いに良い。
  • 材料: もやし300g、水6カップ、細ねぎ少し、青唐辛子(풋고추)1/2個、赤唐辛子(홍고추)1/4個。
  • 味付けの材料: 大根汁 1t 、玉ねぎ汁 1t 、在来の醤油 1t 、にんにく潰し 1t 、塩 1t 。
    もやしスープの簡単レシピー

もやしの生臭みを消す方法: ふたを開けるタイミングが分からない場合は最初から開けたままで沸かしてください。

もやしスープを美味しく作る秘法: もやしスープに天然調味料の玉ねぎ汁と大根汁を入れると深い味が出て美味しいもやしスープになります。

  1. 鍋にもやし(300g)、みず(6カップ)、塩(少し)を入れて10分間さらに沸かす。
  2. 大根汁(50g)、玉ねぎ汁(50g)をざるにのせて入れる。
  3. 在来の醤油(1T)、にんにく潰し(1t)を入れる。
    ※ 在来の醤油がない場合は、普通の醤油若干に塩を入れて味を出す。
    ※ 在来の醤油とは、メジュ(메주)を発酵させ、塩水に漬かせて味をとったもので、甘みがなく色が薄くて煮物やスープ類の料理によく使う韓国在来の醤油を意味する。
  4. もやしを先に食器に入れてからつゆを入れる。こうしてもやしの量を均等に分配できる。
  5. もやしスープに赤唐辛子や青唐辛子(청양고추)の千切りしたものをのせる。
タコビビンパ&もやしスープ 3